なぜ治るの?


私達が受ける質問の中で一番多いのが“はり、灸、マッサージは”何で効くんですか?”
“どうして、あんなにいろいろな病気や症状が治るのですか?”という質問です。
確かに、いろいろな病名や症状がたくさん書かれている看板や、広告や、
ホームページなどがよく見受けられます。皆さんが不思議に思われるのは当然かも知れません。
痛みや、しびれ、知覚鈍磨や、知覚過敏、凝りや、倦怠感、その他の不定愁訴。皆さんの頭の中には、これらはすべて、薬を飲むか、薬を塗るか、
最悪ならば、手術を受けたりしなければ治らないと言う固定概念があるからなのです。

そうです!皆さんは、もう一つ「一番大事な事」を忘れているのです。
野生動物たちが、もし病気や怪我をした時に、どうやって治しているか、考えたことがありますか? 
彼らは、病院や治療院に行ったり、薬を飲んだり、薬を塗ったりすることはできません。
ひたすら、自分で患部を舐めて、なるべく安全な所でじっと安静にしながら、
自分の身体の中にある『自然治癒力』というすばらしい力(チカラ)によって
病気や怪我を治しているのです。
もう、お分かりですね!皆さんが、どうして効くの?どうして治るの?という質問をする時には、
自分の身体の中にも野生動物たちが持っているのと同じ
『自然治癒力』という、すばらしい力(チカラ)があるのだという事を、
よく頭に入れておいていただきたいのです。そこさえ理解していただければ、話は簡単なのです。

人間が生きていく為に必要な精神的なもの、肉体的なもの、すべてを最高の状態に保つ為に、
身体自身が行う最高の『治療法』なのです。

私たちが治療している、はり、灸、指圧、マッサージという治療法は、この自然治癒力を、
さらに全身的に強くしたり、最も調子の悪い場所に集中させたりすることができるのです。

一番つらい患部の治療はもちろん、患者さん自身が気がついていないような
全身的な疲労を取り去ることにより、より一層自然治癒力を高めることができ、
さらには、患者さんの一番つらい症状が良くなると考え、全身的にも治療いたします。
このような訳で、薬などは一切使わず、患者さん自身が持っている自然治癒力を引き出し、
増強させて治していく治療法ですので、副作用などの心配は一切ありません。
尚、当院で使用している鍼および鍼管は、新品をすべて一回限りの使い捨てにしておりますので、
エイズウィルスやB型肝炎などの感染の心配は、全くありません。

当院で問診し、治療した結果、病院などで精密検査を受けていただいた方が良いと判断した場合は、病院に行っていただく事もあります。
西洋医学、東洋医学、どちらにも長所と短所があります。
どちらかに偏る必要はありません。どちらで治療を受けても、併用しても、結果的に患者さんが良くなれば、楽になれば、
それが一番大切なこと。