治療の流れ



治療をする前に、
どこが、どのように辛いのか、
どのように痛むのか、
いろいろ聞かせていただきますので、
気軽にどんなことでもお話下さい。

ベッドは4つあります。
治療するときは4台のベッドは
すべてカーテンで仕切られていますので、
他人の目を気にすることはありません。

 

治療室に
ご案内します。
手荷物は
すべてお持ちになり、
専用カゴを
ご利用下さい。

 

治療室に入ったら、
なるべく薄着に
なってください。
上からタオルケット
を掛けて、
できるだけ肌が露出
しないようにして
治療いたします。



鍼やお灸はやりたくないという方には、指圧・マッサージのみで治療いたします。
指圧・マッサージのみでも、治療効果は十分発揮できます。どうぞお任せ下さい。


当院では、凄く細くて短い鍼から、少し太くて長めの鍼まで、症状や部分に併せて7種類の鍼を使ってます。
もちろん、鍼はすべて使い捨てです。
他人に使用した鍼を消毒し直して再度使用する事は絶対いたしません。
鍼を治療した場合多少の刺激は感じるかも知れませんが、「何だこの程度のものか」という位ごく弱いものです。



きて消える瞬間に、一瞬少し熱さを感じるかもしれませんが、
決して怖がるようなものではありません。
また、灸点紙を使い半間接的に行っておりますので、痕の残る心配はありません。